女性の仕事と仕事服

看護師さんや女医、介護福祉士など医療や福祉分野に携わる仕事。
接客業などお客様とコミュニケーションをとりながら薦めていく仕事。
女性の仕事には制服が課せられていたり、制服でなくとも会社で与えられた服装や、私服などで仕事をすることが多いです。

制服を着て仕事をするということには意味があります。
ひとつは、そこの職場の職員だという意識を強く持たせること。
二つ目は、みな同じ制服を着ることで、仕事に対してのみんなの意思をあわせていくということ。
三つ目は、お客様の側からいてもおなじ制服ということで統一の美を感じさせることができること。
などがあります。
制服がある会社は、通勤服に関しては自由というところが多く、
出勤に着ていったスーツをそのまま来て仕事することはないので、気楽に仕事にいけるという利点もあります。

一方、スーツを着て仕事をする女性の仕事には、保険の外交員や、秘書、企業などで男性と同等に働いている人たちに多く見られます。
自分で着ていったスーツスタイルのまま仕事ができますので、会社へ行って着替える手間が省けます。
しかし、制服スタイルで働く人たちは、仕事が終わって私服に着替えたら仕事終了とメリハリがつけられるのに対し、
スーツスタイルで働く女性はなかなか公私の切り分けがしにくいといわれています。

家を出てから家に帰って着替えするまで仕事に拘束されている気分になるという人もいます。
スーツ姿で仕事をする女性の仕事もたくさんありますが、制服で仕事をするメリットもよく考えて仕事を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です